ORBITVUプレゼンテーション (360°/3D)

技術的には、ORBITVUプレゼンテーションは、画像ファイル(2D / 360°/ 3Dコンテンツ)といくつかのXML設定ファイルを含むフォルダーです。 その構造は次のようなものです:

presentationX/
    images/
        a_0_0_1000_0_0.jpg
        a_0_0_1000_0_1.jpg
        a_0_0_1000_1_0.jpg
        a_0_0_1000_1_1.jpg
        (...)
    images2d/
        some_image.jpeg
    config.xml
    content2.xml
    meta.xml

ORBITVUプレゼンテーションの構造は、Webブラウザー環境に合わせて最適化されています。 具体的には、ORBITVUプレゼンテーションの読み込みをできるだけ効率的にするために、360°プレゼンテーション用の画像ファイルを小さなタイルにカットしています。

このタイプのプレゼンテーションは、 ORBITVU VIEWER によって再生できます。

ORBITVUプレゼンテーションを作成するには、ALPHASHOT EDITOR ソフトウェア、または、 ORBITVU SUN を使用します。