Orbitvu Public Support Site

ORBITVU SUN 埋め込みコードの使用

Updated

ORBITVU SUNは、ORBITVUプレゼンテーションを簡単に管理、再利用、再配布できるプラットフォームです。 インターフェイスから必要なパラメータ(parameter values)を設定し、必要な埋め込みコードをコピー&ペーストしてサイトに貼り付けるだけです。

さらに調整が必要な場合は、パラメータ値を微調整することによって対応できます。 ORBITVU SUNによって生成される典型的な埋め込みコードを以下に示します。

標準埋め込みコード

QR コード

画像 (回転する)

最大スケール

ここでは max_scale を追加して最大ズームを制限し、viewer_uid を使用して同じプレゼンテーションを1ページで複数回使用することができます。 このページの最初の例で、どれくらいズームできるか比較してみてください。


HTML5 初期情報

 html5_initial_info を使用して、情報ウィンドウを表示

HTML5 ヒント

 html5_hint を使用して、infographic を表示

実行の遅延

 viewer_delayed パラメータを使用して、プレゼンテーションのページ反映を遅延させることができます。 たとえば、ボタンのクリックでプレゼンテーションを表示したい場合など(この設定にはプログラミングに関する知識が必要です)。

非表示タブのレスポンシブビューア

ORBITVU VIEWERを最初は非表示になっている別のタブに配置し、ORBITV VIEWERがそれに対応して動作するようにしたい場合があります。 ORBITVU VIEWERのバージョン3.0.32以降、このような状況は自動的に処理され、VIEWERは表示されるまで初期化を遅延させます。

Switch to second tab to see 360° view

非表示コンテナ内のORBITTOUR

後で動的に非表示コンテナ内のORBITTOURを初期化する必要がある場合(たとえば、ボタンをクリックしているとき)、ORBITTOURは、表示されたことを動的に検出し、サイズを適切に調整します。 別のオプションは、ORBITTOURのディメンションを指定する orbittour_width  および orbittour_height パラメータを使用することです。

レスポンシブ レイアウト

autoに設定された幅(width)と高さ(height)を使用するレスポンシブレイアウトで、ORBITV VIEWERを使用することができます。ORBIT VIEWERはコンテナ要素に適合します。

高さ0pxのコンテナ。 ORBITV VIEWERは16:9の比率で表示されます:


メディアクエリを使用して高さが設定されたコンテナ要素

Previous Article iPad 端末でのオフライン利用
Next Article ORBITVU VIEWER パラメータのカスタマイズ方法
Still Need Help? Contact Us