Orbitvu Public Support SiteVIEWER, ORBITTOUR, and 360° Presentations JP Webサイトとの統合ORBITVU SUN 埋め込みコードを用いた360°プレゼンテーション

ORBITVU SUN 埋め込みコードを用いた360°プレゼンテーション

ウェブサイトでプレゼンテーションを行う最も効果的で簡単な方法は、ORBITVU SUNホスティングプラットフォームを使用することです。 この方法では、技術的な知識は必要なく、FacebookやTwitterでプレゼンテーションを行う方法など、技術的な問題に対処する必要はありません。 このために必要な手順は、ほんのわずかです。

  • ORBITVU SUNにログイン
  • 360° プレゼンテーションをアップロード
    プレゼンテーションは、ORBITVU EDITORまたはORBITVU SUN管理パネルから直接アップロードすることができます。
  • プレゼンテーションの設定
    ORBITVU SUN のプレゼンテーション編集を使用してパラメータを調整
  • 埋め込みコードを取得
    プレゼンテーションの埋め込みタブから埋め込みコードをコピー
  • 自分のページにコードをペースト
<script type="text/javascript" src="//orbitvu.co/001/pcFGPQAZSh3mJWrPGezuBP/ov3601/3/script?width=auto&content2=yes&height=auto"></script>
<div class="orbitvu-viewer" style="background: url(//static.orbitvu.co/001/pcFGPQAZSh3mJWrPGezuBP/iproc/600/600/img01.png) no-repeat center center #ffffffff;width: 600px; height: 600px">
    <div id="ovContent-pcFGPQAZSh3mJWrPGezuBP" class="orbitvu-container"></div>
</div>

さらに、extra parametersを使用して埋め込みプレゼンテーションを微調整することもできます。 たとえば、teaser=autorotate パラメータを使用して、VIEWERティーザーを自動回転させることができます:

<script type="text/javascript" src="//orbitvu.co/001/pcFGPQAZSh3mJWrPGezuBP/ov3601/3/script? width=auto&content2=yes&height=auto&teaser=autorotate"></script>

生成された埋め込みコードのいくつかの詳細を変更することができます(例:プレゼンテーションコンテナ要素のID) 詳細については、埋め込みコードリファレンス(embed codes reference )を確認してください。