iPad 端末でのオフライン利用

オフラインで使用するiPadORBITVUプレゼンテーション(360°/ 3D)をインストールするには、App Storeから直接ダウンロードできるGoodreaderアプリケーションを使用します。

  • パソコン内の ORBITVUプレゼンテーション の場所に移動

    ORBITVU EDITORは、すべてのORBITVUプレゼンテーションを事前の設定で指定されたフォルダー内に作成します。 通常、 My Documents/orbitvu/presentationsです。

新しいプロジェクト(たとえば、名前=ananas)を作成。projects / フォルダーに新しいサブフォルダー ananasが作成されます。

プレゼンテーションを生成すると、プレゼンテーション/サブフォルダに同じ名前のフォルダーが作成されます。 さらに、ananas.htmlファイルも表示されます。このファイルは、Webブラウザ内で360°ORBITVUプレゼンテーションをプレビューするためのサンプルファイルです。

プレゼンテーション/フォルダーの中には、orbitvu12 / フォルダーもあります。このフォルダーには、DEMOバージョンのORBITVU VIEWER(基本的にウェブサイトに360°表示を表示するFlash / HTML5プレーヤー)が含まれています。

ananasプロジェクトを作成してプレゼンテーションを作成したら、次のファイル構造を持つ必要があります。

Documents/
   orbitvu/
     projects/
       ananas/
     presentations/
       orbitvu12/
       ananas/
       ananas.html
  • プレゼンテーションと VIEWERを含むZipファイルを作成

iPad上でORBITVUの360°プレゼンテーションを見るには、ORBITVU VIEWERもアップロードする必要があります。

  • プレゼンテーションフォルダー (ananas/), 
  • サンプル HTML ファイル (ananas.html) ,
  • ORBITVU VIEWER フォルダー (orbitvu12/)

上記のファイルを選択して、Zipファイルに圧縮して格納します。

 同時に、他のプレゼンテーションファイルをZipファイルに含めることもできます。

  • Goodreader と合わせて ZipファイルをiPadにアップロード

Goodreaderは、ファイルをアップロードするいくつかの方法を提供します。 一番便利なのはWiFi接続を使うことです。 iPad上でGoodreaderを開き、下のバーのWiFiアイコンをタップします。

ポップアップウィンドウに、IP アドレスが表示されています。(ここでは http://192.168.1.101:8080) 

Mac Finder -> Go -> Connect to server... で移動して、上記のアドレスを入力します。

新しいFinderウィンドウがポップアップ表示されます。 Archive.zipファイルを新しいウィンドウにドラッグできるようになりました。zipファイルをGoodreaderにコピーします。

コピー中のウィンドウがポップアップ

コピーが完了すると、iPadに戻り、Wi-Fi接続を閉じます(右上のSTOPボタン)。 GoodreaderにArchive.zipファイルがあるはずです。

ファイルをタップして Unzip 

Goodreader内に新しいArchiveフォルダが表示されます。 フォルダ名をタップすると、ananas プレゼンテーションが表示されます。

 ananas.html ファイルをタップしてください。新しいプレビューウィンドウ内で、プレゼンテーションが開きます。

他の方法でzipファイルをiPadに転送することもできます。 最も便利な方法の一つは、SUNサーバーを使用してHTMLアクションとしてダウンロードすることです。 SUNサーバーにログインし、リンクをクリックしてGoodreaderに直接ダウンロードしてください。