ORBITTOUR 埋め込みコードのカスタマイズ

ORBITTOUR埋め込みコードを使用する場合は、生成されたコードをカスタマイズすることができます。 カスタマイズは状況によっては必要な場合があります。 同じORBITTOURを一つのページに複数回埋め込む場合や、JavaScriptを使用してORBITTOURを動的にロード/インジェクトする場合に使用します。

ORBITTOUR では、ほとんどのORBIT VIEWER パラメータを使用することができます。

ORBITTOURパラメータは、ORBITVUR SUNによって生成された埋め込みコードに適用できます。

 teaser パラメータを追加するサンプルです:

background_color

ORBITTOURの背景色を設定します。 このパラメータの値は、16進数のカラー番号(HTMLで使用されているものと同じ)+ 16進数の不透明度値として定義する必要があります。

例:

  • 000000ff
    カラーコード: 000000 (ブラック) & 不透明度値: ff (不透明)
  • 00000000 (透明)
    カラーコード: 000000 & 不透明度値: 00 (透明)

nosize_ratio

Allows to set custom aspect ratio for the Orbittour when its container has no dimensions defined, eg. height is 0px. In such situation Orbittour is shown in the default proportion 16/9 (width/height).

Values: n/n

Example: 4/3

Default: 16/9

orbittour_uid

同じORBITTOURを1ページに複数回埋めたい場合は、それを一意の値に設定します。 これにより、ORBITTOUR コンテナ要素 IDとORBITTOUR インジェクト関数(JavaScript)の両方がページ全体で一意の名前を持つことになります。

デフォルト: 一意の ORBITVU SUN プレゼンテーション uid

: myuid_1

orbittour_container_id

ORBITTOUR コンテナ要素の id を明示的に設定できます。

デフォルト: orbittour-<orbittour_uid>

preferred_language

ORBITTOURに特定の言語の使用を指定できます(ORBITTOURが当該言語に翻訳されている場合)

デフォルト: not set - 言語はブラウザの言語設定に従い自動的に選択されます。

: ORBITTOUR 翻訳リストにある利用可能な言語コード: en, de など

orbittour_width

ORBITTOURはコンテナの寸法に従って自動的にサイズを計算しようとしますが、場合によっては高さを明示的に設定する必要があります。 たとえば、ORBITTOURが非表示のコンテナ(display:none)内で初期化されている場合、適切なディメンションを計算することはできません。

デフォルト: 設定なし - 自動的に計算されます。

orbittour_height

ORBITTOURはコンテナの寸法に従って自動的にサイズを計算しようとしますが、場合によっては高さを明示的に設定する必要があります。 たとえば、ORBITTOURが非表示のコンテナ(display:none)内で初期化されている場合、適切なディメンションを計算することはできません。

デフォルト: 設定なし - 自動的に計算されます。

orbittour_delayed

デフォルトでは、ORBITTOURはすぐにWebページに挿入されますが、後で挿入する場合は、orbittour_delayed パラメータを使用して即時インジェクションをブロックし、必要に応じてプログラムでインジェクト関数を呼び出します。 ORBITTOURをインジェクトする関数は次のとおりです:

inject_orbittour_(<orbittour_id>)

: yes | no

デフォルト: no

orbittour_style

ORBITTOUR が使用するスタイルを変更します:

: default | right_views | noviews

デフォルト: ORBITVU SUNで ORBITTOURに設定された値を使用

custom_viewer

独自のVIEWERライセンスをお持ちの場合は、 カスタマイズしたVIEWERの外観を、ORBITVU SUNで使用できます。 ORBITVU SUNアカウントの設定にアクセスし、カスタムVIEWER(zipアーカイブ)をアップロードする必要があります。 これによって、custom_viewer=yesを追加して、ORBITVU VIEWERのコピーを使用するコードを埋め込むことができます。

: yes | no

デフォルト: no

exernal_init

ORBITTOURが初期化された後に呼び出される、グローバルに利用可能なJavaScript関数の名前。 この関数には、いくつかのORBITTOUR操作メソッドを提供するAPIオブジェクトが渡されます。

例:

メソッド名は次のように渡されます:

play_type

none以外の値に設定すると、再生/一時停止ボタンが表示されます。 押すと、ORBITTOURは後続のビューまたはホットスポット間でアニメーションを開始します(play_type の値に応じて)。 ビューやホットスポットがない場合、再生ボタンは表示されません。

: none | views | hotspots

デフォルト: none

play_time

アニメーションが再生されるときに、次のビューまたはホットスポット(ミリ秒)に移動するまでの待機時間(play_typeはビューまたはホットスポットに設定されます)

: 2500 | 3000 | 3500 | 4000 | 4500 | 5000 | 7500 | 10000

デフォルト: 2500

play_auto

ORBITTOURの自動再生を有効にします(play_type がnoneに設定されていない場合)。 プレゼンテーションが読み込まれてから1秒後に再生が開始されます。

値: yes | no

デフォルト: no